So-net無料ブログ作成
検索選択

「Ku:nel」 2つの創刊号 [貸本]

「Ku:nel」を読んでいると気持ちが落ち着きます。

暮らしの実用的なことを教えるというよりも、その奥にある心根の部分を伝えてくれる雑誌で、だた「ふつう」のことが、凛として、優しく、まぶしく見えます。

CIMG4904_copy.jpgCIMG4906_copy.jpg
「Ku:nel」には二つの創刊があります。最初はananの増刊号でした。

創刊号はどの雑誌も身震いするほどの熱気を感じます。






「日常」はややもすると鈍感なもので、80のものをいろいろとふくらまして100にしたりすることも、「日常」をこなすということでは必要なことなのですが、やはり人は120の力を100に削ったような強く濃い一瞬放つ光に、どうしても目を奪われてしまいます。どちらもあっての、光。なのだと思います。

でも、心の目を奪われてしまう。
「日常」という弱く長い光を思いながら。読む2冊。

レンタル 

2週間 ¥200

『未来ちゃん』 [貸本]

以前販売していたものはすぐに完売してしまいましたが、
サンプルで店頭に出していたものを貸出いたします。

CIMG2230.JPG『未来ちゃん』 レンタル:2週間 200円

もちろん、3月発売予定のナナロク社さんの本も販売予定です。
ご予約承っております。

雑誌「Olive」 [貸本]

Olive[揺れるハート]
店を始めるにあたり、この雑誌を譲っていただいたこともあって「貸本ブース」は生まれたのでした。

Olive  レンタル:2週間 200円

911018.jpg9273.jpg92418.jpg92518.jpg93218.jpg93418.jpg93518.jpg






93718.jpg93918.jpg931318.jpg92.1.3.18.jpg92.12.3.jpg93.2.3.jpg93.11.18.jpg





92~93年が中心です。
画像は一部です。
他の号数もご用意ございます。

貸本 「いろは」創刊号と、「季刊サルビア(salvia)」 [貸本]

CIMG4550_copy.jpg
「いろは」 創刊号

レンタル
2週間:200円

●随筆家・森田たまの本
●柚木沙弥郎さんの布が素敵です
●器と骨董の町・益子は楽しい

創刊号だけあり、とても力のあふれている1冊に仕上がっています。
いつ開いてみても、その力が伝わり、手にするだけで力が出てくるようです。

続きを読む


貸本 かわしまよう子さん3点 [貸本]

CIMG4547_copy.jpg
「しごとのほん」 かわしまよう子
2003年発行 

レンタル
2週間:200円




CIMG4548_copy.jpg
「はなのほん」 かわしまよう子
2003年発行

レンタル
2週間:200円




CIMG4549_copy.jpg
「道ばたで出会った雑草のミニ写真集」 かわしまよう子


レンタル
2週間:100円

雑草を身近な器や不要になったものに雑草を中心とした
花を飾ることを、文章や写真、ワークを通じて本や雑誌などで提案
している、かわしまよう子さんの「はなのほん」と「しごとのほん」
そして「道ばたで出会った雑草のミニ写真集」

貸本を始めるにあたりまして [貸本]

【貸本を始めるにあたりましてのご案内】

当座、ご来店のお客様に限りのお取り扱いとなります。

1 登録は無料です。
◆お名前
◆ご連絡先(電話か住所、なお、ケイタイ番号の場合は住所も念のためにご記入いただきます)
→ご本人かどうか確認させていただくため、登録の際には身分証明書(保険証・免許証など)拝見させていただきます。
◆貸本使用規定書(下記参照)

に、ご記入いただきます。
3点ご記入いただきまして、ひぐらし文庫発行の貸出カードをお渡しいたします。
(ご連絡先は貸本業務以外の使用はいたしません)

2 貸出期間は2週間で200円(延滞は1週間ごとで100円)
延滞前に電話やメールにてご連絡いただければ、延滞料は必要ございません。ただし、連絡なしで延滞を2回なされた場合は、登録解除となりますこと、ご了承くださいませ。登録解除の時点で御客様情報も処分させていただきます。返却がご都合により難しい場合はご相談ください。

3 対象は、「貸本ブース棚」にございます本・雑誌に限らせていただきます。
ブログでも随時ご紹介させていただきます。右横にございます「マイカテゴリー」欄で「貸本」をクリックしていただければ、ご来店前に詳細がわかります。また、貸し出し中かどうかのお問い合わせも事前に承り、ご予約も承りますので、お気軽にご相談、お声かけくださいませ。

【お問い合わせ・ご連絡先】

電話&FAX: 03-5944-9968
Mail: higurasibooks◎live.jp(◎は@に入れ替えをお願いたします)

◆貸本使用規定書(詳細)


メッセージを送る