So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Twitterまとめ投稿 2016/09/24 [店舗情報]


「LOFT9 BOOK FES.2016」に参加させていただきます。 [ひぐらし硯 日々のこと]

普段は、雑司が谷で古本フリマやトークイベントをしておりますが、故あって、というか縁あって、渋谷にある、LOFT9 で一日限りのイベントをします。もちろん、いつものように、古本フリマの常連さんやわめぞの古書店の皆様のお店もありますし、地方の古書店さんも参加されています。そして、トークイベントもあります。しかも4本!・・・・と、その中で、わたしも最後のイベントで参加させていただきます。

1002_bookfes-548x774.jpg「LOFT9 BOOK FES.2016」
  10月2日(日)
  OPEN 12:00 / START 12:30
  (終演:22:30予定 / 古本市は18:30まで)
  ブックフェスは入場無料

【参加店舗】
Book café 火星の庭(from 仙台)、ハナメガネ商会(from 益子)、北書店(from 新潟)、トンカ書店(from 神戸)、蟲文庫(from 倉敷)、古書現世(早稲田)、三楽書房(早稲田)、立石書店(早稲田)、JUNGLE BOOKS(雑司が谷)、ブックギャラリー・ポポタム(目白)

【古本フリマ参加者】
岡崎武志(ライター/書評家)、小山力也(ブログ「古本屋ツアー・イン・ジャパン」)、Pippo(ポエトリーカフェ主宰者)、とみきち屋、つぐみ文庫、ドジブックス、えほんやハコのなか、甘夏書店、レインボーブックス

■■■ トークイベント■■■

すべて前売券は9/2(金)正午12時よりe+にて発売
(前売り¥1,500 当日¥2,000 / 税込・要1オーダー500円以上)

1部 12:30~14:00
内澤旬子×服部文祥「ニッポンの銃と獣」

2部 15:30~17:00
清野とおる×サムソン高橋「ゲイが住んでみた東京都北区赤羽」

3部 18:30~20:00
いましろたかし×九龍ジョー「いましろたかしの世界/いましろたかしと世界」

4部 21:00~22:30
角田光代×佐藤雄一(北書店)×前野久美子(bookcafe 火星の庭)×原田真弓(ひぐらし文庫)×小国貴司 (元リブロ池袋本店) 司会:向井透史(古書現世)
「角田光代の、「本屋」について聞いたり聞かれたり」

なぜ、わたくしが?なのですが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Twitterまとめ投稿 2016/09/18 [店舗情報]


Twitterまとめ投稿 2016/09/17 [店舗情報]


9月19日はみちくさ市 [ひぐらし硯 本の周りのこと]

wamezo_cyan_twtr_bigger.jpg第34回鬼子母神通り みちくさ市 が9月19日(月・祝日)に開催されます。
今回は祝日月曜日ですのでお間違えなく!

みちくさ市も34回目となりました。

みちくさ市のなかでは、「みちくさ市連続講座」という、トークショーも行っております。そのなかのシリーズとして、昨年から、『作品と商品』のあいだ~表現という仕事のリアルな現場の話~があります。CMディレクターの中野達仁さんが聞き手に、元KAI-YOU代表の武田俊さんの進行で、ネットの普及により、誰もが表現できる手段を持ちうることができましたが、そこで、表現したいと思うものの「作品」というものが、自分の満足だけではなく、お金を基準にして他者の手に渡る「商品」となりうるものになるのか、という話を、各界で作品を商品に変えている表現者の方々をゲストに迎え、お話を聞くというものです。

実は、このシリーズのトークイベントの会場手伝いをしております。第3回目のイベントは欠席しましたが、それ以外はお手伝い役得で、ゲストの方のお話を毎回伺っております。

第2回、「スカート」の澤部渡さんは、CDを作るまでと、作り出してから販売のあれこれのことなどを話していただきました。普通、表現者は「商品」になった瞬間までの作業であるのですが、その先の販売も行っている方でしたので、作るまでのところだけではなく、自分の作品を値段を決めて出すところまでのシビアなところを話していただきました。
第3回、美術監督の桑島十和子さんは、映画「嫌われ松子の一生」の美術舞台を手掛けた時のスケッチなどを見せていただいたり、制作時のお話を伺いました。かわいいお姿からはちょっと想像がつかない、雄々しい感じのお話なども伺いました。
第5回、タブレット純さんは、導入から自分が他の人とは違っていると気づき始めたときから、現在に至るまでの話を歌を交えて話していただきました。笑いは時にひとを傷つけることがあるけれど、救いに変わる時があるのを見たような気がしました。この回は、旧高田小学校の校舎で行われました。ちょっと懐かしい曲調とぴったりとしてとてもよい雰囲気でした。
第6回、スタイリスト高橋靖子さんは、少女のころからステキなものに憧れて、続けてきていまこうしていますという感じでいて、それでいて、すっと一本筋が通ってる凛とした清々しい方でした。

みなさん、違う世界にいても、どこか似ている感じがするのは、迷いつつも、自分を受け入れ、自分の中に他者を受け入れているからなのだと思います。CIMG6537.JPG

ちょっと天気は気になりますが、雨天中止の場合でも、みちくさ市連続講座は行われますので、詳細はわめぞのツイッターアカウントでチェックしてください。

それと。

10月2日に、渋谷でトークショーが行われます。チラシも各所、書店や古書店におかせていただいております。今までは、裏方でおりましたが、4部ではお話の輪に入らせていただきます。どうして、お話の輪に入ることになったか・・・は、また、後日にでも。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

雑司が谷 のんき市 [ひぐらし硯 日々のこと]

雑司が谷には、旧店舗のあった鬼子母神通り商店街があり、そして、護国寺に向かう方面へ進むと、弦巻通り商店街があります。

10月には雑司が谷最大のイベントである「御会式」がありますが、その前に、毎月開催している手創り市の会場でもあります、大鳥神社は、9月のこの時期にお祭りをしています。

ここ池袋周辺の神社は、9月の声を聴くと毎週のようにどこかでお祭りをしています。そして、最後に「御会式」が来て、晩秋を迎えます。

まずは大鳥神社でお参りを。どこかで昼食のため惣菜かお弁当でも買って帰ろうとふらふら散歩しつつ、そのまま商店街に足を向け、商店街の入り口付近にあるお店、「旅猫雑貨店」で足を止め、いつも「旅猫さん」と呼んでいるのですが、彼女の姿が見えたので、声をかけました。大鳥神社の横道にある、タンゴバー「エル・チョクロ」で、早大学生のタンゴ楽団がライブをしているよと教えてもらい、また戻り、1時間程のライブを楽しみました。バンドネオンが複数台もある演奏は初めてで、音が厚く感じられました。

ふたたび、旅猫さんへ。そういえば、ツイッターで顔ハメ看板があったな…とさがしていたら、「撮ってあげる!」と誘われるまま、写真を撮りました。意外に顔をうまくハメるの難しい。ツイッターで見ましたが、とっても顔ハメ看板写真がうまい方がおられ、そんな方の作品を見ると、わたしが被写体のものは、全然ひよっこな結果でした。

やっと写真を撮り終えると、今度は「ジャングルブックス」にいくよと、勧められ…。2525稼業さんのライブへ。途中ではいるような状態で、わたしはお腹が鳴らないか心配でした。ピアニカやギターの音、口がふざがってしまうピアニカなので交互に演奏しつつ、ギターバックにコーラスを入れつつの構成で、2曲しか聞くことができませんでしたがとてもよい雰囲気でした。

最後に、旅猫さんは「ごめんねぇ~お腹すいていたのに」と。
でも、全然。偶然ながら、楽しかった。逆にエスコートつきですみませんでした。

ほんとは、雑二ストアで紙芝居も勧められたのですが・・・ソースせんべいをもらっている子供をみつつ、お腹がすいていて、もはや、ソースせんべいでもいいかもと思っていたほど、お腹がすいていました。

もうひとつ。

旅猫さんのところでも実は買いたいものがあったのでした。顔ハメ途中で、買いたいもの・・・買いたいものがあるのだけれど…と申し出るとえ!うちで!?と、一オクターブくらい高い声。

ほんとです。旅猫さん。

この夏。ほんとにうちわが欲しかった。もう秋ですけど。
ついでに、マスキングテープも。20160911_152409_620.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Twitterまとめ投稿 2016/09/10 [店舗情報]


Twitterまとめ投稿 2016/09/03 [店舗情報]


前の10件 | -
メッセージを送る